ぼてちんカレーのススメ

お腹の調子が悪いとき、カレーというと余計にひどくなりそうですが

ぼてちんカレーは不思議。
先日そぉーっと食べてみたところ、ひどくなるどころか、むしろスーッと身体に吸収されて、元気になりました。

いつでも誰にでも良いかと言うと、お医者さんでないのでわかりませんが
”素材”を厳選するとカレーもこうなるのか!と、いう感想です。

ぼてちんのカレーはいろいろな種類があります(日ごとに違います)。
心からお勧めする”ぼてちんカレー”を、今までいただいた中から、身体が思い出すままに、ご紹介いたします^ ^


ミンチカツカレー


トンカツカレー


国産豚しゃぶカレー


新年には、粋でいなせなこんなカレー


コロッケカレー
なかなか出会えない、レアなアイテムです!ほんのり甘いコロッケと、案外辛口なぼてちんカレーは相性ピッタリ☆


美味しそうですねー!確かこちらは、チキンカツカレー

美味しいという「快感」にも色々ありますが、ぼてちんカレーは「癒し」の感覚。身体も心も、疲れた脳も癒してくれる、優しいカレーです。
案外辛くて、スパイシーなんですよ。

全国の「カレー部」の方々はもちろん、カレーが特別お好きでない方も、ぜひ一度召し上がってみてください☆

*****

ダイニングぼてちんのHP
フェイスブックもあります!
ダイニングぼてちんの姉妹店『京都下がも 旨味ひとつ』さんでは、
絶品のおうどん、丼、お鍋やお膳料理(予約制)、そして美味しい焼酎にツマミの一品料理もいただけます!ぜひお出かけください☆

クリスマススペシャルディナー2017 レポート

今年も Botechin クリスマススペシャルディナーをいただいてまいりました☆
素晴らしかったお料理を、つたない写真ですがご紹介します。

順番をとびこえて、こちら↑は「黒毛和牛サーロインの鉄板焼き 雲丹と唐墨がけ」です。
お肉も雲丹もカラスミも、くさみが全くなく上品で芳醇な味わい。
主役ばかりのような一皿ですが、ハーモニーも素晴らしくて
最高のメインディッシュでした。

以下はいただいた順番にご紹介します。

↑「大根のアミューズ 南高梅とトマトのソース」
あっさり仕上げられていて、大根の甘みや香りが感じられる、ほんのり優しいオードブル。

↑「昆布と玉葱マリネサーモン、三河産熟成みりんとシェリービネガーのソース、蛸煮、牡蠣と海苔」
楽しげな一皿。でも見かけだけじゃないんです。
新鮮な素材の味がしっかり感じられて、ソースも手が込んでいて絶品です。

↑「たらば蟹と帆立貝柱のグラタンテリーヌ」
テリーヌは勿論ソースも絶品。

↑「鮑と雲丹入りスープ お吸い物仕立て」
豪華食材の共演。繊細な味つけで、素材の味が楽しめます。金箔がキレイ。

↑「オマール海老 トマト、サフラン、海老のソース」
オマール海老、かなりプリプリです。ソース絶品!!

↑「洋梨のソルベ」おくちなおしにサッパリ

↑「黒毛和牛サーロインの鉄板焼き 雲丹と唐墨がけ」…最高です。

↑「お寿司 鮪と鯛」ぼてちんのシェフはお寿司もにぎられます。
フレンチのような流れの〆に、何故かしっくりくるんです。

↑「デザート盛り合わせ」全て手作りのこの一皿だけでもスウィーツのお店ができそうです☆

最後にコーヒーか紅茶をいただいて、おしまいです。
お料理そのものが、忘れがたい思い出になりました☆

一年の、私自身の健康と、家族の健康に感謝。
ココロの“ぼてちん”に感謝。

また来年のぼてちんクリスマスにも、笑顔で元気に来られますように☆★☆★☆

*****

ダイニングぼてちんのHP
フェイスブックもあります!

コージさんの軌跡(後編)

*「ぼてちん仲間」の大先輩、コージさんのお誕生日会のお話し。
  (前編)のつづきです*

そのお返しにオーナーさんが仰ったお言葉が、また胸に染みました。

☆☆☆
コージさんと、共に支え合って歩んでこられた奥さまとは、まさに「人」という字のよう。
成長され、お父さんを尊敬してらっしゃる立派なお子様もまた、コージさんの軌跡。
現役時代の同僚の方からも、すばらしい歩みだったと思われていらっしゃるコージさん。

カタチあるものも素晴らしいけれど、それが全てではないんです。

人間性・生き様とは、「心」です。
ゆえにその人の思い、人への思い方を残す事が、一番大事。
それが人の「心」に残っている、それこそが、その人の宝。
☆☆☆

胸がいっぱいになった宴。
最後のタコライスは何だかハートの形みたいです^^

サルサソースのタマネギは淡路島産。スパイスは純国産のカイエンペッパーとのこと。

カタチだけじゃなく、「心」がこもっている、愛しいぼてちんの夜でした。

*****

ダイニングぼてちんのHP
フェイスブックもあります!
ダイニングぼてちんの姉妹店『京都下がも 旨味ひとつ』さんにも、ぜひお出かけください☆

コージさんの軌跡(前編)

こんにちは。
暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

さて、これまでぼてちんで出会った方々は、老若男女、お仕事も、国籍も、様々です。
私の「ぼてちん仲間」さんたちの中でも大先輩の「コージさん」。日経新聞を毎日読まれ、博学で、シャレはいつも速攻アタック!

そんなコージさんが、先日ご自身のお誕生日会で皆に聴かせてくださった言葉が、心に残っています。一部ですが、ここに記したいと思います。

★★★
私がこれまで生きてきた「軌跡(きせき)」として、残っていて見えるもの、証(あかし)はあるのか?
「わだち」として人に語れるものがあるのか?つい考えてしまう。

親類は勲章をもらったという。
竹馬の友はこの夏、750ページもの書籍を上梓(じょうし)した。
また別の友人は退職金をつぎ込んで穴窯を造り、陶芸にいそしむ。彼が焼いた壷を、私の自宅の床の間に置いているが、花を生けても、そのままでもなかなか味があり、眺めていると彼の顔が浮かんでくる。
9年半をかけて本物の蒸気機関車を完成させたと、先日知人からメールが来た。イヤー凄い!

私はと言えば、何かあるとすれば写真か、学生時代に買って今も思いの深いステレオ。繰り返し読み込んだ書物・・・。

今は連日麦わら帽の下、滴る汗をふきながら、畑で夏野菜づくりをしているだけ。
これが私の人生の軌跡なのか?残念ながらカタチとしてこれは残らない。
自分の手により、カタチにしたものは何もない・・・。

しかし、私にはただ1つ、生きた証、「軌跡」があるんです。
それは『ぼてちん』なんです。
人生の集大成として、この素晴らしい仲間を持つ事ができた。

今日私の誕生日に、こうして皆さんとこの素敵なひとときを共有できた事を、本当に、心から、嬉しく思っています。

これからも、私自身が健康を維持して、努力する中で、皆さんと末永く、仲良くしていきたいなと思っています。
★★★

(つづきは後編に)

*****

ダイニングぼてちんのHP
フェイスブックもあります!
ダイニングぼてちんの姉妹店『京都下がも 旨味ひとつ』さんにも、ぜひお出かけください☆

宮崎の恵み、ぼてちんで

ぼてちんでは、宮崎のすんばらしい食べものをいただけることがあります。
それもそのはず、オーナーさんは宮崎のご出身なんですって☆

宮崎のすんばらしい食べもの。とは、どんなものかと言いますと
先日ご紹介したスーパーフード「へべす」はじめ、明るい太陽をいっぱいに浴びた新鮮なお野菜。
生命みなぎる海の恵み。地鶏。
そして実は、名だたる高級ブランド牛の種牛であるが故に、最っっっ高級の宮崎牛。ナド等☆

6月最後の土曜の夜に、そんな宮崎が満ち満ちた「ぼてちん会」に参加してまいりました!

IMG_5492
全て延岡の海で採れたもの。
イワシの燻製、松イカ、焼きエビ、あたりマメとちりめんじゃこ

IMG_5503
宮崎仕込みのチキン南蛮。
バンザイ!!!

IMG_5495
忘れてならない、透きとおってコク深く、魂をゆさぶる宮崎焼酎。

↑有志の方がプロェジクターを使い、旅(ニューヨーク)のお話し真っ最中。お話しも魂がこもっていました!

宮崎の外では手に入らない焼酎ばかり(今ならまだいただけるみたいですヨ^ ^)。
焼酎のめないのにのんでる私のような人も、そこここで感動の声☆

IMG_5509
冷や汁
冷や汁って、こんなに美味しかったんだ!!

食べものにはそのモノの生命が宿っている。
そう実感した、スピリチュアルな夜でした。

宮崎の恵みとぼてちんの織りなす食卓に、感謝、乾杯☆☆☆

*****

ダイニングぼてちんのHP
フェイスブックもあります!
ダイニングぼてちんの姉妹店『京都下がも 旨味ひとつ』さんにも、ぜひお出かけください☆

細部にも宿る、ぼてちんの心

こんにちは、新かなです。

近ごろは、寒い中にも春の香り。
そんなこの頃、私はぼてちんの美味しいお料理の「包丁ワークもすごい」ことに改めて気がつきました。

キュウリを例にとってみますと。。。

IMG_3127
こんなのとか

IMG_1774
こんなのとか

IMG_0656
こんなのとか!

IMG_1582
羽衣のようです。
いろんな切り方があるんですね!

はじめは見た目に綺麗と思いましたが、ぼてちんのことなので、「素材の魅力を引き出して、栄養も美味しさも、お客さんの身体に届くように」という心の表れなのだと、思い直しました。

低温調理、一日以上かけられる事もあるという下ごしらえ、スープの隠し味。
すぐに気がつかないようなところまで心づくしのおもてなし^ ^

心に染みる、美味しさなんです。

*****

ダイニングぼてちんのHP
フェイスブックもあります!